トップページへ戻る


ピアノ工房へ

グランド工房へ

  

 


リニューアル(蘇生作業完了)ピアノとは、古くなっ
て「楽器」としての機能に支障をきたしてしまってい
たピアノに、新品当初と同様の機能に至るまでの
徹底した蘇生作業を施したピアノのことです。

完全に生まれ変わらせて、再度、新品同等の役割
りを果たせるピアノのことです。

世間一般に言われている【中古ピアノ】とは、まった
く内容が違います。

シュベスターでは、 ご家庭で眠っている古いピアノ
をお預かりして解体し、一つ一つの部品を調べ、そ
のまま使えるもの、調整・修理が必要なもの、新し
い部品と取り替えが必要なものを熟練した技術者
が厳選し、完全再生していきます。  
 

 


50年以上も前に製造されたベーゼンドルファー。
100年前のドイツ製スタインウェイ。
もっと以前に製造されたブルットナー・ライブツィッヒ
やベッヒシュタイン、イ・バッハ・・・etc.

現在までに、こうした世界の名品(名器)と呼ばれ
いるピアノの蘇生作業や大修繕を手掛けて来てい
ます。
その数百台にも及ぶ作業実績は、シュベスターの
確実な技術の証でもあり、現役復帰して活躍して
いるピアノは見当もつかない台数に及んでいます。

 
お持ちのピアノの程度、部品や材質の状況、ご希
望になるピアノの水準(内容)よって違ってきます。
数十万円で数百万円 の価値が蘇る場合も大いに
考えられます。
 
家族と共に歩んできたピアノ。
古ぼけて歳をとってしまったピアノ。
歴史を生きてきたピアノ。

いずれも、お金で買うことのできない価値のある
ピアノです。もう一度いのちを吹き込むことができ
たなら、どんなに素敵でしょう。

そのお手伝いができることは、私たちにとっても
とても大きな喜びです。 蘇ったピアノを前にした
ときが、80有余年の続けた「手づくりピアノ」に
係って来られた一番嬉しい瞬間なのです。

材料の見極め厳選から、仕込み・組み立て・仕上
げまで、一貫して作り上げられる技術者だからこ
そできる技で、シュベスターが心をこめてお手伝い
いたします。
 


お見積もりは 【無料】 で行っております。
ただし、以下のことだけはお知らせください。

1.ピアノのメーカー名と型番、製造番号
  *上の蓋を開くと、右の方に記載明記
2.ご購入年度(最初の製造時期)
  *中古でご購入の場合は修理内容
3.現在までのご使用の様子と環境状況
  *調律など、お手入れのご様子など
4.ご住所、お名前、お電話、ご要望など
  *ピアノには、移動経費が馬鹿になり
   ません。
   無駄のないように徹底した前準備と
   しての正確な情報収集が大切です。

お気軽に、↓メールでご相談ください。
 


昔のピアノと現在のピアノ‥‥、
いったいどちらが良い素材を使っているでしょうか。
昔、ピアノは現在よりもずっと高価なものでした。
一般家庭ではほとんど見ることのできない、庶民の
手からは遠く離れた存在でした。

とはいっても、ピアノ以外にも、そのような物品が
私たちの周りには沢山あります。例えば自動車。
こちらもやはり一般庶民には容易に買えるもので
はなかった時代がありました。
しかし、自動車や電化製品の場合には、業界の努
力とめざましい技術進化を遂げる過程の中で、材
質も製造過程もコストダウンされる方向で量産化
され、どんどん普及してきています。負けず劣らず
ピアノについても同様で、工業化による大量生産
化とともに、一般大衆化の一途をたどってきました。

しかし反面、ピアノの構造そのものには技術革新
の必要性は少なく、既に完成されていたピアノの
構造上にも大変化の必要性もありませんでした。
材質を軽量化しようとプラスチックにしたり、 コンピ
ューターや科学の進歩と共に最新の機能を取り入
れてコストダウンを図るようなものとする考え方とは
相対するもの‥、つまり、「楽器」であるからです。
が、ピアノ業界も時代の流れと共に大量生産化さ
れ、機械によって作られるようになっていることも
一面的には悲しい事実です。
反面、一般大衆化とピアノの普及という面だけか
ら見れば、販売価格の引下げ貢献は顕著です。

本来のピアノ造りの世界では、100年前とほとんど
変わっていないのが現実です。

シュベスターピアノはこの考えのもとに、
一貫して「手づくり」にこだわっています。


量産化によって、現在では、ピアノ製作に不可欠
な自然木は入手困難になりつつあります。
良い共鳴板が仕上げるまでには、3年以上の歳月
が必要であり、しかも、原材料の中から本当に良
い部分だけをチョイスするためには、入手した原木
の3分の1しか適正な材料としては使用することが
できません。

本物の職人といえる人材も少なくなってきています。

このような状況下にある現在のピアノより、豊富に
あった自然素材の中から材料を厳選し、熟練した
職人が作り上げることのできた昔のピアノの方が、
同等程度で比べると比べ物にならないほどはるか
に良い素材であるといえるでしょう。

ですから、現在販売されているピアノで同等の音を
出すには、数倍から数十倍の価格になる場合も多
いのです。

シュベスターでは、そのような良い材質のピアノを
専門の技術者の手で蘇らせます。
 

シュベスター・ピアノ工房内での徹底した
リニューアル作業中の 風景カット・スナップ