トップページへ戻る

☆ 就職希望者の募集はしていません ☆
 

 

近代化と共に時代の波に消え去ろうとしている職人の世界。
均一化された商品が市場に氾濫し、ピアノが「楽器」 である
ことをも忘れ去られようとしています。

そう、ピアノは大量生産される工業製品ではなく、「楽器」で
あるはず。


「楽器」であるなら、鍵盤が音を奏でるのではなく、その楽器本体
の振動によって深い響きを出すものでなければなりません。

材質の吟味、部品同士のマッチングの考慮、全ての部分への細
かな愛情・・・
ピアノを知り尽くした職人のみがまさに五感によって作り上げる世
界です。

私たち人間が、生まれや育った環境により一人一人皆違うように、
ピアノもこの世に二つとして同じもののない、生み出し、作り上げ、
育てられていくものだとシュベスターは考えます。
近代化の波は大量生産を生み、職人の世界に
高齢化をもたらしました。


私たちシュベスターもこの問題を抱えています。
   熟練した職人がこれまで長い時間をかけて培ってきた技。
   手づくりにこだわるシュベスターの心を引継いでくださる担い手を探しています。

   本当の「音」を絶やさないために、伝え続けるために、技術者を育てることは私たちに課せられている大事な
   使命だと考えています。

   シュベスターに今できること・・・
   それは、世界に誇るピアノ作りの技術を次の世代に伝えていくことだと、私たちは考えます。